top   プロフィール   絵画ギャラリー    こいしろの歴史    ピックス    写真   地域ルポ     漕代歴史散歩    リンク 

CGIレンタル 漕代・早馬瀬(「伊豆田ホームページ」へジャンプします) 

 松阪市漕代地区・目田町の歴史
古くは古以之呂とも。櫛田川下流と祓川に挟まれた平地に位置する。
〔古代〕漕代郷
  平安期に見える郷名。伊勢国飯野郡六郷の1つ。東急本の訓は「古以之呂」。高山寺本は漕代につくるが、ここからのちの井手郷がでたものか。なお、江戸期において当地一帯を漕代郷と総称することもあった。 
〔近代〕漕代村から松阪市 
   明治22年〜昭和30年の自治体名。はじめ飯野郡に所属。早馬瀬・高木・稲木・横地・目田・伊勢場・法田の7か村が合併して成立。旧村名を継承した7大字を編成。村名は、はじめ川中村と内定したが、再検討の結果古代の郷名にちなみ漕代村となる。役場は早馬瀬に設置。

明治22年の戸数508・人口2,745、産婆4・鍼術1・製薬1。農産は米6,070石・麦1,783石・大豆14石・甘藷1万2,117貫・葦2,035貫・蜜柑8,510貫・繭1万3,353石。工産物はマッチ箱木地1,350円・織物105円など。
大正3年水産はアユ271円・ウナギ237円。同14年戸数466戸・人口2,543。

昭和5年参宮急行電鉄開通、同年伊勢電鉄も開通、大字早馬瀬に漕代駅設置。
昭和14年の世帯数450戸・人口2,441。産業別戸数は農業350・工業17・産業23。農産物は米2,688石・麦1,200石・大豆20石・馬鈴薯1,200貫・甘藷1万7,480貫・里芋7万2,000貫。家畜は牛221・馬17。同15年養蚕農家数257。

昭和28年の13号台風では、甚大な水害をうけた。同30年の戸数405・人口2,394。
昭和28年町村合併により松阪市の一部となり、村制時の7大字は同市の大字に継承した。
〔現代〕松阪市 (漕代地区)早馬瀬町・目田町・横地町・法田町・伊勢場町・稲木町・高木町 
   漕代地区人口 男子1,064人・ 女子1,191人 合計 2,255人 世帯数 660
(世帯数内訳) 早馬瀬102・目田31・横地76・法田118・伊勢場57・稲木182・高木94
                             (平成12年4月1日現在)
   漕代地区 農家数276・専業32・兼業244・農家人口1,313・男622・女691
                         (松阪市統計書平成10年度版)
   漕代地区経営規模面積30,293a・田27,071a・畑2,460a・樹園地762a
 規模別 0.3ha未満30・0.3〜0.5=44・0.5〜1.0=63・1.0〜1.5=70・1.5〜2.0=43・2.0〜2.5=14・2.5〜3.0=5・3.0ha以上7   合計276
                         (松阪市統計書平成10年度版)

目田(めだ)村

現在地
〒515−0216
 三重県(みえけん) 松阪市(まつさかし) 目田町(めだちょう)

平成15年3月調べ     
「地名辞典」平松令三編より抄 

櫛田川右岸にあり、北は早馬瀬(はやまぜ)村、南は横地(よこち)村(平安期は東寺領大国(おおくに)庄に含まれ、横道といわれていた)に接する。北畠晴具時代の226付沢兵部大輔宛北畠天祐書状(沢氏古文書)に「就目田龍頭庵闕所之儀、委細承候、先規至無引懸紛者、任前々節目可被闕所候、万一申族有之者重而不審可申候也」とあり、中世末のこの時期に北畠氏の所領となり、その被官沢氏により支配が行われていたと思われる。天文15年(1546)書写の神服部内戸納帳(「神服大神部・神部家文書」神宮文庫蔵)に、「目田、宝泉寺」の記載がある。

近世は、津藩領。寛延(1748−51)頃の「宗国史」によれば、家数31、人数159。
神社として八王子・熊野権現が記されるが、いずれも明治41年(1908)法田(ほうだ)葉生田(はうだ)神社(現漕代(こいしろ)神社)へ合祀となる。浄土宗大福寺がある。